看護部

看護部の委員会活動

看護部には、看護部教育委員会、リスクマネジメント委員会、ⅠCT委員会、給食委員会、褥瘡対策委員会等が設けられ、各部署の委員が出席し、定期的に開催しています。

看護部教育委員会
毎月1回第3水曜日開催
目的1.看護対象者のニーズに対応した看護実践能力を習得する。
2.専門職業人としての自己教育を養う。


目標1)看護の質の向上・研修会への積極的な参加
・看護記録の充実
・患者さまの安全対策に最善を尽くす。
・実践に生かせる看護研究をする。
2)社会が求める看護職の役割を理解する。
3)リーダーシップを発揮できる能力を養う。


教育方法院内研修研修会看護師対象通年
介護職対象
新卒者対象
看護研究発表年2回

院内の研究発表会は、年2回、2月と9月に開催しています。
他部署の職員も交えて、活発な意見交換をしています。
講評者は発表病棟でない部署が行うため発表者、聴講者、
双方で学びの共有が得られます。


院外研修看護部全員対象通年
・看護協会研修センター
・糖尿病療養指導士研修
・他病院研修に参加


クリニカルラダーに沿って研修制度でキャリアに合わせた教育を行っています。
教育プログラム
臨床実践に必要な能力(専門知識・技術)を段階的に身につけられる様に、入職年度別ではなく、それぞれの能力に合わせて評価していく教育システム

リスクマネジメント委員会
毎月1回第3木曜日開催
目的1.看護部の付属機関であり、医療(看護)事故等に関する諸問題の調査、情報収集、分析検討し、対応策をフィードバックする。
2.患者さまが安心して医療を受けられる環境作り。
3.医療・看護の質を確保する。
4.病院(看護部)を損失から守る。

委員会は、月に1度開催され医療事故防止対策を進めるため、各部署にリスクマネージャーを置き問題点の報告と防止対策について各所属職員への周知徹底を行います。
給食委員会
毎月1回第3木曜日開催
目的施設の給食の改善(食事基準・献立・各種調査等)についても定期的に管理栄養士や調理師など栄養部門担当者以外の職種も参加して話し合う。
ICT委員会
毎月1回第4火曜日開催
ICTチームを中心に感染患者の発生の点検、各種予防対策の実施とその効果の定期的な院内ラウンドにより評価、医療関連感染防止に継げることを目的とする。

目的1.感染症のサーベランス・抗菌薬の適正使用の推進
2.定期的な病棟ラウンド
3.アウトブレークの防止と発生時の早期特定及び制圧
4.感染対策マニュアルの整備・職員への感染管理教育
褥瘡対策委員会
毎月1回第4木曜日開催
目的院内ラウンドにより褥瘡予防・治療対策を討議・検討し、
その効果的な推進を図る。

委員会は、月に1度開催され前月の褥瘡保有・発生状況と経過、体圧分散寝具の使用状況などを報告し、褥瘡対策に関する問題などについて検討しています。また、褥瘡の担当医師・看護師・薬剤師・栄養士による褥瘡回診が行われています。


ページ
TOP