看護部

看護部理念

「主役は患者さま」の看護を実践する。

患者さま中心の、患者さまにとって自然な生き方や人格と権利を
尊重した誠実な医療を実践し、地域住民の皆様の期待に応じられる看護を提供する。

看護部の基本方針

1.患者さま個人を尊重した、質の高い、暖かい看護サービスを提供します。
2.専門職として自覚を持ち、医療技術・知識の向上に努力し
患者さまに安全・安心・信頼のある看護を提供します。
3.他部門との連携を強化しお互いの協力体制につとめます。

看護部長挨拶

慢性期の治療を担う当院では、急性期病院との地域連携をとりながら、後方支援病院として職員全員が一つになり患者さまと一緒に、ご家族と一緒に病気回復に向けてその人らしい命の存在を支援させていただきます。
そして、熊本循環器科病院に来て良かったと言って頂けるように努力しています。
看護職・介護職の活躍がなくてはならないこの時代に、働きやすくやりがいのある職場づくりにも、精一杯努力していきたいと思っています。

看護部の体制

勤務体制

2・3階病棟3交替制 − 夜勤は看護師2名体制
4・5階病棟2交替制 − 夜勤は看護師2名体制

1年365日、毎日24時間、下記の勤務時間帯からなる3交替・2交替勤務で看護業務を
取り組んでいます。

勤務時間

看護師3交替日勤8:3017:00
準夜16:300:00
深夜23:309:00
2交替日勤8:3017:00
準夜16:309:00
介護職員2交替日勤8:3017:00
夜勤16:309:00
早出7:0015:30
遅出10:3019:00
午前・午後半日勤務も可能です。

看護単位

看護の同質性に応じてわけられた看護業務のまとまりを看護単位といい、入院患者さまの特性が異なる病棟ごと、あるいは、外来、中材ごと、それぞれにふさわしい看護単位が組まれます。

病棟(全160床)一般病棟3階病棟41床
療養病棟
(医療型)
2階病棟20床
4階病棟50床
5階病棟49床
外来
中央材料室

看護配置

病棟に配置された看護師が1人あたり何人の入院患者さまを受け持つかを
表すものです。

一般病棟15対1
療養病棟(医療保険)20対1


ページ
TOP