病院の活動

第1回 "熊循"の健康講話 〜 糖尿病編(1) 〜
2013年6月

当院にて、糖尿病専門医 西田佳子医師による『“熊循”の健康講話 〜 糖尿病編 〜』が開催されました。
第1回目の講話が6月7日(金)に行われましたが、予約が殺到し、追加講話を6月14日(金)に開催しました。糖尿病編2回目から5回目の予約もキャンセル待ちの状態です。キャンセル待ちの方々にはご迷惑をおかけしております。当院は、今後もいろいろな講話の開催を検討しております。
皆様のご参加お待ちしております。

挨拶
嶋田三輝男 理事長

講師
西田佳子 医師

本日の講話内容

◯×クイズ

講話内容のまとめ

講話会の最後はお楽しみ抽選会)

第2回 "熊循"の健康講話 〜 糖尿病編 (2) 〜
2013年6月

6月21日(金)に予定していましたが、台風のため6月28日(金)に延期開催されました。 今回の内容は、「糖尿病で怖いのは・・・ 〜 眼や腎臓、神経に加えて、脳梗塞や心筋梗塞など 〜」でした。
(今日の話の内容:糖尿病合併症とは/慢性合併症 – 糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害、動脈硬化疾患、糖尿病足病変、歯周病)
難しい合併症のお話でしたが、受講者の方からは、わかりやすく楽しい内容だったと好評でした。

合併症の怖さについて

眼の合併症について

脳卒中について

アンケートによる受講者の感想(抜粋)

糖尿病の怖さを改めて感じました。日頃の生活習慣、特に食生活の大切さを感じました。(60代女性)
受講の回を重ねるごとに自覚ができて、新たに自分や家族の日常生活に変化が少しずつ出てきたようです。(60代女性)
分かり易い楽しい講義でした。(50代女性)
日頃の体調不良も糖尿病と結び付けて考えるとあまり軽んじてはいけないと感じました。
自分はもちろん家族の体調不良にも気を配りたいです。(40代女性)
いろいろな病気の怖さを知り、いかに健診が必要かを感じました。(40代男性)
第3回 "熊循"の健康講話 〜 糖尿病編(3)〜
2013年7月

第3回目講話が7月5日(金)に開催されました。内容は、「糖尿病を良くするための生活習慣は? 〜食事や運動で気をつけるべき点について 〜」でした。今回は当院栄養士による手作りのヘルシーおからクッキーをお配りし、皆様に喜んでいただけたようでした。興味のある方は、クッキーのレシピを掲載いたしますので、参考にされてください。また、今回の講話に向けて売店にカロリーコントロールアイスを入荷いたしました。

食事療法について

管理栄養士
花田綾子・中山夕紀

合併症を予防する食事について

食品交換表

手作り
ヘルシーおからクッキー

運動療法について
オススメ 行かないでのポーズ

【運動療法オススメ】行かないでのポーズ

※左右交互に10回を目安に。

アンケートによる受講者の感想(抜粋)

1単位の目安についての説明が分かり易く面白かったです。(40代女性)
かぼちゃは野菜と思っていたので、今日話を聴いて良かったと思いました。(40代女性)
GLVT4やカルボーネン法など知らない内容のお話が聴けてとても勉強になりました。(40代女性)
運動は3か月継続とのことで頑張りたいと思いました。(50代男性)
毎回、貴重な講話で大変為になる。次回もぜひ参加させていただきたい。(60代男性)
第4回 "熊循"の健康講話 〜 糖尿病編 (4) 〜
2013年7月

第4回目健康講話が7月19日(金)に開催されました。
内容は、「糖尿病を調べる検査 〜 血糖コントロールや合併症の状態を状態を把握するための検査など 〜 」でした。 検査についてのお話で少し難しかったようでしたが、今回も皆様に、真剣に聴いていただけたようでした。
次回8月2日(金)は糖尿病編最後の講話となります。

放射線技師、検査技師の紹介

糖尿病を診断するための検査

血圧脈波検査について

アンケートによる受講者の感想(抜粋)

~講話について~

今までいろんな検査をしてきたことが、何のための検査かというのがよく分かりました。(60代女性)
他の健康講話も聴きたい、勉強になります。いろんな形で地域に定着した病院があるとありがたいし、通いたいです。(40代女性)
グリコヘモグロビン、グリコアルブミン、初めて聞いて勉強になりました。(60代女性)
専門的で難しかった。しかし、関心を持って取り組む必要があると思う。(50代女性)
解りやすい御説明に感謝しています。(70代男性)
最後の講話が終わったら、ぜひ検査(専門)を受けてみたい。(60代男性)
第5回 “熊循”の健康講話 〜 糖尿病編(5) 〜
2013年8月

第5回目健康講話が8月2日(金)に開催されました。
内容は、「糖尿病のお薬 〜 飲み薬やインスリンなどの注射について 〜 」でした。
6月7日より糖尿病編を開催してまいりましたが、今回が最後の回となりました。
今回は、ご希望された方に実施した簡易血糖値検査も大好評でした。
次回10月に第6回健康講話として、田平洋一医師による「ピロリ菌と胃の病気について」開催予定です。

大事な5つのものさし

江藤裕子 薬局長による
「お薬手帳の有効な使い方」について

簡易血糖値検査

アンケートによる受講者の感想(抜粋)

~講話について~

糖尿病について大変ためになった。薬をたくさん飲めばよいとは限らないと思った。(60代女性)
ストレスで血糖値が上がるとは知りませんでした。(40代女性)
薬の話は複雑で少し理解しにくい。でも他で聴くことのない話なので興味深く聴きました。(50代女性)
まだ薬注射の経験がありませんので、本当に自分の事として捉えていない部分がありますが、  予防の基礎的な部分については自覚が生まれました。(70代男性)
これまでの講話で糖尿病の怖さなどが分かり、これから生活(食事など)を注意していこうと思いました。 次の第6回講話もぜひ参加しようと思います。(50代女性)



ページ
TOP