リハビリ

検査科(生理機能検査室)

生理機能検査室では心電図検査やエコー検査など患者さまと直接関わる仕事をしています。(※生化学検査、血液検査、尿検査については 院内ラボ(検体検査室)をご覧下さい。)

患者さまが安心して検査を受けていただけるように、やさしく丁寧な対応を常に心がけています。また、検査の待ち時間が長くならないようにスタッフ同士協力し合いながら、よりスムーズに検査にご案内しています。当院では下記の生理機能検査を実施しています。

心電図

体に電極をつけて検査します。人体に害はなく、痛みもありません。

12誘導心電図
安静時、不整脈や異常な波形がないかを調べます。
心臓疾患の発見や診断などに欠かせない検査です。
運動負荷心電図(トレッドミル)
運動により心臓に負荷をかけた状態で心電図の変化を調べます。
狭心症の診断に用います。
24時間ホルター心電図
胸に小型の心電図の機械を装着し、24時間日常生活中の心電図を記録します。
不整脈や、異常波形がないかを調べます。
エコー(超音波)検査

高い周波数の音波(超音波)を体にあて検査します。人体に害はなく、痛みもありません。(検査時間はあくまで目安です。)

心エコー (10~20分程度)
主に心臓の大きさや動き、血流などを調べます。
腹部エコー(30分程度)
肝臓、腎臓、胆嚢など腹部の臓器を観察し、腫瘍、ポリープ、結石の有無などを調べます。
前日夜の食事は21時以降はとらないようにお願いします。検査当日の朝は空腹の状態でご来院下さい。
頸動脈エコー(30分程度)
頸動脈の血管の壁(内膜)の厚さを測り、
狭窄や閉塞がないかを調べます。
全身の動脈硬化の程度を評価します。
甲状腺エコー(20~30分程度)
甲状腺は喉の下にある小さな臓器です。
大きさや内部の状態、腫瘍の有無などを調べます。
血圧脈波検査(血管年齢)

両手、両足に血圧計を装着し、動脈の硬さや詰まりの程度を調べます。検査時間は5分程度です。

血管の硬さが何歳相当であるか(血管年齢)が分かります。
高血圧・高脂血症・糖尿病などの疾患をお持ちの方、足の冷感やしびれのある方におすすめします。
眼底検査

瞳孔の奥にある眼底を撮影し、血管の状態や網膜などを調べます。高血圧や糖尿病などの病状の検査にも用いられます。

肺機能検査

肺から出入りする空気の量や速さを測定し、呼吸器疾患の診断に用いられます。


リハビリテーション科

術後や長期安静により日常生活が自立困難となった患者さまに対して、個々に見合ったリハビリプログラムを立案し提供しています。また、当院では長期入院の方も多いため残存機能の維持を図り病院生活が少しでも自らの力で送れるようにサポートも行います。

心大血管リハビリテーションも行っておりますので、心臓機能に障害がある方も適切な運動負荷で自宅復帰に向けたリハビリテーションを提供しております。

病棟でも看護師協力のもとリハビリを行っています。

ページ
TOP