リハビリ

院内薬局

薬局で一番広いところは調剤室です。ここで調剤から監査まで業務のほとんどを行います。

調剤室

医薬品情報管理室

次が、医薬品情報管理室です。
医薬品の情報は日々更新されているので、インターネットの医薬品情報、医学雑誌、医薬品情報FAXなどがここの部屋に集められ、必要な情報、たとえば、副作用情報などは院内の各部署、関係者に伝わるように担当者は常に気を配り、まとめとして月一回DIだよりとして薬局から発行しています。

さて、病院の薬局薬剤師は薬局の中でもくもくと仕事をしていて、顔が見えにくい存在だと思いますので、その業務内容について一部を大まかに紹介したいと思います。

まず、薬剤師の業務で一番大切なことは「患者さんに医薬品の適正・適切な供給を行う」ということです。

その流れを追いますと

1. 医師が患者さまを診察し、お薬(内服薬、注射薬、外用薬など)が必要と判断された場合は、処方せんにお薬とその服用方法、使用方法を記載します。
2. 薬局に処方せんが来ましたら、その内容を薬剤師がチェックします。チェックする項目はたくさんありますが、かいつまむと、内容の記載漏れがないか、医薬品の用法用量が適正かつ適切か、過去のデータをみて薬のアレルギーはないか、副作用が出たことはないかなどを確認(処方せん監査といいます)し、何か気になる点があったら処方した医師に質問し、納得いくまで調剤は致しません(疑義照会といいます)。 疑義照会のあとで変更があれば処方せんにその旨を記載し、やっと調剤に移ることになります。
3. 調剤業務
入院の患者さまの日常の調剤は、おもに内服薬、注射薬、外用薬になります。内服薬は、1~2週間分をまとめて調剤しますが、すこしでも飲み易いように自動分包機にて一包化したり、錠剤が飲み込みにくい方は錠剤を粉砕したり、粉薬、水薬、最近ではラムネ菓子のように口の中で溶けやすくした錠剤を選ぶこともあります。注射薬は毎日、次の日の分を用意して各病棟に送ります(当日の変更に関しては、臨時の注射処方せんを別に出してもらうことになります)。

注射剤は間違いが起こらないよう、患者ラベルに患者氏名、日時、薬品名、使用量、投与時間などを印刷、注射剤本体に貼り付けて各患者さまに送られます。注射剤の調剤で大事な点は、何種類もの注射剤を混ぜ合わせて使うことがあるのですが、混ぜると効果がなくなったり、逆に効果が強く出たり、また混ぜたら混濁して使えなくなる組み合わせもあるので院内にある注射剤についてはあらかじめ配合変化表などで情報を集めておき、注意する組み合わせ、混ぜたらだめな組み合わせは極力排除できるようにしてあります。
4. 医薬品情報の管理
毎日毎日、更新されている医学・薬学の情報、とくに薬の情報、薬の副作用の情報を収集、分析することは、患者さまの安全を確保するのにかかせません。最近はインターネット等のITを使った情報網から医薬品の安全性情報を得ることができるようになりましたが、どの分野の情報も情報過多の状態になっていますので、信頼性のある情報源を選び、収集、分析、整理し、必要な情報があれば関係各部署に提供しています。月1回のDIだよりはそれを実践したものです。

まだまだ院内薬局の仕事はたくさんありますので、今後は少しずつお知らせしていこうと思っています。

最後に、スタッフ一同、患者さまに信頼される薬剤師を目ざし、日々研鑽を積んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

ページ
TOP