受付

内科

発熱、頭痛、頻尿、動悸、胸痛、腹痛、不眠などの一般的な症状を呈する疾患を診察します。(感昌、肺炎、膀胱炎、便秘症、不眠症など)

特に、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病の診療に力を入れています。かかりつけ医的役割を担っており、患者さまと十分話し合いながら治療方針を決めるようにしています。

院内ラボがありますので、生化学検査(肝機能、腎機能、炎症反応など)の結果は項目によっては1時間ほどで判明します。X線、CTや腹部エコーなどと組み合わせ迅速な診断も可能です。

循環器内科

高血圧、虚血性心臓病(心筋梗塞、狭心症)、不整脈、動脈瘤、心臓弁膜症、心筋症、 閉塞性動脈硬化症、心不全。

外来では急性期治療が終了した心疾患の患者さまを、できるだけ長く自宅での生活ができるように注意深く治療していくというのが当院の使命だと思っています。入院では自宅での生活ができない、原因は色々ですが重症の心不全、呼吸不全の患者さまの治療を主にやっております。

主な医療機器 X線一般撮影装置、CTスキャナ装置、心電計、24時間ホルター心電図
トレッドミル、エルゴメーター、超音波装置、血圧脈波検査装置

糖尿病内科・内分泌内科・脂質代謝内科

糖尿病を中心に、脂質異常症、高血圧症、高尿酸血症などの生活習慣病や、甲状腺疾患などのホルモンの病気(内分泌疾患)の診療に当たっています。

糖尿病などの生活習慣病は、自覚症状がほとんどありません。しかし、自覚症状がない時期に適切な治療をしないと、合併症が発症し進行してしまいますので、早めの受診をお勧めします。

当院では、糖尿病の患者の会「熊循御幸会」があり、病気に対する理解を深めるため、医師や看護師、管理栄養士、理学療法士などのスタッフによる講話を定期的に行っております。

外来は、月曜から金曜までの午前・午後、土曜の午前開いており、いつでも対応できる体制となっています。糖尿病専門医が3名、糖尿病に詳しいスタッフ(糖尿病療養指導士)が5名おり、皆様の病気が良くなるようにサポートしております。

検診で異常を指摘されたときや自覚症状が気になるときはご来院下さい。

消化器内科

食道、胃腸、肝臓、すい臓、胆のうなどの消化器疾患に対して正確な診断を行い、最適な治療法を提案します。さらに精密な検査や治療(手術など)が必要な場合には適切な専門医へご紹介いたします。また、癌末期の緩和ケアについても受け入れ可能です。

次のような症状のある方や該当する方はぜひ当院を受診されてみてください。

胸焼け 腹痛 だるい
呑酸(すっぱいものが上がる) 便秘 食欲がない
胸板の裏側がしみる 下痢 検診で異常を指摘された
物が飲み込みにくい 便秘と下痢が交互にくる 症状はないが検査してほしい
ゲップが良く出る 黒い便が出る ピロリ菌を除菌したい
吐き気 血便が出る
胃もたれ 体がかゆい

当院で可能な検査:上部消化器内視鏡(胃カメラ)、腹部超音波装置、CT検査などの検査が可能です。上部消化器内視鏡は口から飲んでもらうカメラと鼻から入れるカメラの2種類を準備しています。患者さまの希望でどちらでも選択可能です。

リハビリテーション科

入院のリハビリは歩行訓練や日常生活訓練を中心とし機能回復に努め自宅退院を目標としたリハビリテーションを提供しています。また、寝たきりの患者さまなども多く、その方々にはベッドの上でのリハビリも提供しております。

外来患者さまには、関節の痛みや運動能力低下に対し物理療法や運動療法などのリハビリテーションを提供しております。



ページ
TOP